YouTube以外のプラットフォームでの活躍

これまではYouTubeをプラットフォームとして様々な動画を制作、広告収入を上げていたクリエイターが多かったのは確かです。かなりの大きな収入につながっていたと思いますが最近では、同様のプラットフォームに旨味を感じた著名人が、次々と参入することにより、いかに企画力が優れていたとしても著名人のネームバリューに負けてしまい少しずつ厳しい市場になりつつあります。
そこで、これからはYouTubeだけをにして動画制作を行うのではなく、直接ユーザや企業とつながることによって収入を得るビジネスを構築していくことが重要になってきます。
例えば、企業が大手代理店に依頼をしてテレビシーエムを制作したり宣伝枠を加工する部分をクリエイターが奪うビジネスも出てくるでしょう。具体的にはYouTubeで獲得した数多くの登録者を武器にするのです。商品やサービスのターゲットがマッチしていれば、インフルエンサーとしてクリエイターが活躍することができます。そこに自分自身が動画を制作することによってさらに付加価値を高めることができます。
実際には企業にとっても莫大な資金を投入して大手広告代理店にテレビやインターネットの広告枠、高画質の宣伝動画を制作するよりもコストパフォーマンスが高いと言えるかもしれません。
実際に、この流れは既に生まれつつあり、企業が直接インフルエンサーとつながることによってピンポイントでターゲットを捉える動きも盛んになりつつあります。もちろん、このような場面で活躍するためにはこれまでYouTubeと言うプラットフォームで多くの登録者を獲得していることが大前提になってきます。ですからこれからもクリエイターはYouTubeと言うプラットフォームを捨ててしまうのではなくうまく活用、さらに拡大をしながらビジネスを広げていく、これこそが今後の生き残りの大きなポイントになってくるといえます。
そこには、大きな投資が必要になるわけでもなく、自分自身が多くの登録者を抱えていれば企業から間違いなく声がかかるでしょう。そして、登録者だけではなくどのような動画の提案ができるのか、どういった動画を今後を作っていくことができるのか、自分自身のスタンスを構築していなければなりません。
結果として、YouTubeを基盤としたクリエイターとしての能力、インフルエンサーとしての魅力もそこに加わり次なるステップアップを図ることが可能になるでしょう。